世界有数のタイヤメーカーが設立、「創造の体感」をコンセプトに時代を切り拓くアートの地平を目指して 東京:アーティゾン美術館

東京都

こんにちは、マウスです。2021年9月に開始した本ブログ、正確には北海道を皮切りに美術館紹介をはじめたのは2022年8月31日の「札幌芸術の森美術館」が記念すべき第1館目でした。

 そんな美術館紹介のブログも全国46道府県を網羅し、残るは東京都のみとなりました。これもひとえに私のブログを読んでくれている読者の方の反応(コメントはなくとも…WordPress便利なものでどの記事がよく読まれているとか結構簡単に分かってしまいます)や友人、知人、また家族からの叱咤激励などに支えられてここまで来れたものと感じております。

 引き続き、本ブログ「絵本と、アートと。」をよろしくお願い致します…

…と書いたところで、実はこの最後に残した東京都(の美術館紹介)、恐らく東京は皆さんが1度は足を運んだことのある美術館が多くある意味で地方館と比べ資金的にも強固な館が多いこと、また、本ブログが地方館を応援する意味合いもあり、この東京都だけは有料記事(と言っても1記事百円の簡単なものですが…)にしようと考えています。 その収益は今後も地方館を紹介したり、足を運んでPR記事に書き起こしたりと…僅かばかりブログの趣旨に沿った形として使わせていただけますと幸いです。

 それでは早速、東京都の1館目、ご紹介していきましょう。本館は、2018年に「ART」(アート)と「HORIZON」(ホライゾン:地平)を組み合わせた造語による美術館名称へと大きく変え、「創造の体感」をコンセプに運営されています。

このブログで紹介する美術館

アーティゾン美術館

・開館:2020年 ※前身は1952年からのブリヂストン美術館。戦後、日本有数の西洋美術コレクションを形成しました。
・美術館外観(以下画像は美術館HP、都、観光協会HPより転載)
・場所
アーティゾン美術館 – Google マップ

世界有数のタイヤメーカーが設立、「創造の体感」をコンセプトに時代を切り拓くアートの地平を目指して

 

コメント