家康公没後400年を記念して創設、英国で長らく保管されていた徳川家随一の霊廟模型を展示 東京:増上寺 宝物展示室

東京都

こんにちは、マウスです。 今日ご紹介する美術館、これまでご紹介してきたお寺の宝物を展示する美術館(京都の相国寺承天閣美術館平等院ミュージアム鳳翔館、奈良の東大寺ミュージアム、岩手の中尊寺(宝物館讃衡蔵など)と立ち位置は似ているかもしれません。但しこのお寺は家康はじめ徳川家の菩提寺として建造されたものであることからどちらかというと愛知の徳川美術館などと一緒に観ると歴史好きな人にとっては整理しやすいかもしれませんね。

 …個人的にはこの美術館(お寺)、立地がすごい…東京タワーのほぼ真横に位置し、芝公園のど真ん中に設置されています。それだけ今でも徳川将軍家というのは歴史の1つとなったのではなく、今でもなおこうやって現代に生き続けているような気がします。 どんな美術館なのか…早速見ていきましょう。

このブログで紹介する美術館

増上寺 宝物展示室

・開館:2015年
・美術館外観(以下画像は美術館HP、都、観光協会HPより転載)

・場所
増上寺 宝物展示室 – Google マップ

家康公没後400年を記念して創設、英国で長らく保管されていた徳川家随一の霊廟模型を展示

コメント