証券大手5社の一角を生んだ実業家が設立、国内初の日本画専門美術館 東京:山種美術館

東京都

こんにちは、マウスです。
私、大学生の頃は東京に住んでおりまして随分と色んな美術館を見て回ったことは前にお話しました。その中でも日本画は何となく敷居が高そう…というが言葉を選ばずに言うと「おじいちゃんが見てそうな立派な絵」というイメージが強く、足が遠のいていた時期があります。

 ただ、当時付き合っていた方が日本画が好きなのもあり、今日ご紹介する美術館へ連れて行ってもらったのが日本画との距離感が埋まったきっかけです。日本画専門というとなかなかに国内の美術館の中では珍しい方なのですが、こちらは国内初の日本画専門美術館で、日本画各々の見せ方(キュレーション)が素晴らしく、若年層でも十分に楽しめる展示空間でした。(日本画特有の岩絵の具の絵肌に見入ってしまいました)

 そして、何より日本画って和紙に描いたりしますので、非常に光(紫外線)に弱く、館内はどちらかというと薄暗い感じ…でもそれが大学生の私には何となくライブハウスみたいな雰囲気もあり「日本画ってカッコいい!!」と初めて感じた思い出の美術館でもあります。

 そんな東京は広尾にある美術館、実は証券大手5社の中の実業家が創設した館でもあります…あれ、証券大手5社という響き…そう、埼玉県でご紹介した遠山記念館もありましたね。歴史の不思議な縁で、元々は別の証券会社でしたが、合併を経て今はどちらもSMBC日興証券という国内外を代表する証券会社に成長しました。

 そんな総資産12兆円(⁈)を超える大企業の創業者がつくった美術館、早速見ていきましょう。

このブログで紹介する美術館

山種美術館

→美術館名称は創立者・山崎種二(山種証券[現SMBC日興証券]創業者)の苗字、名前の1文字ずつをとったものです。

・開館:1966年 ※兜町で開館、2009年に広尾に移転しました
・美術館外観(以下画像は美術館HP、都、観光協会HPより転載)

・場所:山種美術館 – Google マップ

証券大手5社の一角を生んだ実業家が設立、国内初の日本画専門美術館

コメント