この街に、「ひまわり」と「東郷様式(美人画)」を 東京:SOMPO美術館

東京都

こんにちは。
東京の美術館紹介、続けています。

 今日ご紹介の美術館、1987年に当時の安田火災海上保険(現:損害保険ジャパン日本興亜)が英クリスティーズのオークションで、ゴッホの名作「ひまわり」を当時の絵画史上最高額となる約53億円で落札したことで記憶に残っている方もおられるかもしれません。この出来事はバブルの絶頂期を迎える日本の象徴として国内外で話題となりました。その後、日本はバブルもはじめ、経済的には厳しい時代が続きますが、まだこうやって売却されずに美術館の中に大切に保管されていることは好印象です。(最近では美術品は投機的に扱われることも多いですから)

 私も足を運んだことがありますが、いつ行ってもゴッホの「ひまわり」を国内で見ることができる大変貴重な場所だと思います。 また本館は二科会を中心に、昭和の美人画の旗手として活躍された1人の画家のコレクション群を所有していることでも有名です。それでは早速みていきましょう。

このブログで紹介する美術館

SOMPO美術館

・開館:1976年
・美術館外観(以下画像は美術館HP、都、観光協会HPより転載)


→なんか近未来(宇宙船)のような建物ですね。

・場所 SOMPO美術館 – Google マップ

「ひまわり」と「東郷様式(美人画)」の眠る場所

コメント