JR東日本発足1周年を記念し東京駅丸の内駅舎内に開設、駅を通過点ではなく文化の場とするために 東京ステーションギャラリー

東京都

こんにちは、マウスです。
皆さん、東京駅に美術館があるのはご存知でしょうか?

 日本全国、結構な割合の人が利用したことがある駅だと思いますが、慌ただしい最中なかなか駅でゆっくり絵を観ようという気持ちにならないかもしれません。一方で、JR東日本はそのような慌ただしい駅だからこそ駅を単なる通過点ではなく香り高い文化の場としたいという想いを昔から持っているようです。

 今日ご紹介する美術館、1988年に国鉄民営後、JR発足1周年を記念し、東京駅丸の内駅舎内に開設されたものです。どんな美術館なのか早速みていきましょう。

このブログで紹介する美術館

東京ステーションギャラリー

・開館:1988年
・美術館外観(以下画像は美術館HP、都、観光協会HPより転載)

・場所 東京ステーションギャラリー – Google マップ

JR東日本発足1周年を記念し東京駅丸の内駅舎内に開設、駅を通過点ではなく文化の場とするために

コメント