日本の戦後美術や内外の現代美術を中心に、特色ある企画展と5,500点を超える収蔵作品 東京都現代美術館(MOT)

東京都

 こんにちは、マウスです。
 突然ですが、「現代美術館」と名の付く公立館…意外と少ない少ないのですが、本ブログではこれまで以下の館をご紹介してきました。

広島市現代美術館 ※日本で最初の公立現代美術館です
熊本市現代美術館
十和田市現代美術館(青森県)
奈義町現代美術館(岡山県)
横尾忠則現代美術館(兵庫県)
猪熊弦一郎現代美術館(香川県丸亀市)

…意外と都道府県単位で運営しているのは「横尾忠則現代美術館(兵庫県)」くらいでしょうか。ただし、こちらは横尾忠則氏からの寄贈・寄託作品をもとにに1人の作家に焦点を当てた美術館です。一方で、今日ご紹介の公立現代美術館、恐らく「現代アート」を幅広く扱うという意味では日本で唯一の都道府県単位の公立館だと思います。

 そんな現代美術館、早速ご紹介していきましょう。

このブログで紹介する美術館

東京都現代美術館(MOT)

・開館:1995年
・美術館外観(以下画像は美術館HP、都、観光協会HPより転載)

・場所:東京都現代美術館 – Google マップ

日本の戦後美術や内外の現代美術を中心に、特色ある企画展と5,500点を超える収蔵作品

コメント