近代日本画の巨匠が90歳まで住んだ住居を保存、日本画を本来の形で楽しめる空間 東京:横山大観記念館

東京都

こんにちは、マウスです。
今日ご紹介する作家…そう、横山大観さんです。

 近代日本画の巨匠で、以前ご紹介した島根県の足立美術館にはその名園とともに「横山大観コレクション」があることをお伝えしました。では、それらの大観さんの作品群、どこで制作されたものかまでご存知の方は案外少ないのではないでしょうか。

 今日ご紹介する美術館、そんな横山大観さんが90歳まで住んだ住居を保存し、そのまま美術館としてオープンしたユニークな建物です。どんな美術館なのか…早速みていきましょう。

このブログで紹介する美術館

横山大観記念館

・開館:1976年 ※建物の建築は明治期、1945年に空襲により焼失、その後1954年に再建
・美術館外観(以下画像は美術館HP、都、観光協会HPより転載)

・場所:横山大観記念館 – Google マップ

近代日本画の巨匠が90歳まで住んだ住居を保存、日本画を本来の形で楽しめる空間

コメント