岡倉天心の影響を受けた近代彫刻界の巨匠、99歳から移り住んだ住居を開放した美術館 東京:平櫛田中彫刻美術館

東京都

こんにちは、マウスです。先日ご紹介した町田市立国際版画美術館に続き、本日は小平市が運営する美術館です。
東京はこのように市町村単位でも美術館を運営できているのは…地方在住の私としては羨ましい限りです。

そんな、今日ご紹介する作家さん、1962年に文化勲章を受章した近代彫刻界をリードした方でなんと99歳から移り住んだ住まいを美術館として開放されています。引っ越し…ただでさえ大変なのに99歳で引っ越すなんてものすごいエネルギーですね。
(ちなみに、富嶽三十六景で有名な浮世絵師である葛飾北斎は生涯のうち93回引っ越しをしたそうです。アーティストの中には引っ越しをすることで自身のインスピレーションを得る手法にしている方もいるようですが…ただでさえ家でカチャカチャPCをしている私的には信じられないことです。いえ、美術館には行きますけど…)

そんな余談はされておき、早速見ていきましょう。

このブログで紹介する美術館

平櫛田中彫刻美術館

・開館:1984年
・美術館外観(以下画像は美術館HP、都・市、観光協会HPより転載)

・場所 平櫛田中彫刻美術館 – Google マップ

岡倉天心の影響を受けた近代彫刻界の巨匠、99歳から移り住んだ住居を開放した美術館

コメント