国立美術館に属する5番目の施設として開館、国内最大級の展示スペース(14,000m2)と多彩な展覧会を開催するアートセンター 東京:国立新美術館

東京都

こんにちは、マウスです。
2022年8月31日に北海道:札幌芸術の森美術館からはじまった全国の美術館紹介…いよいよ残り国立館4館を残すのみとなりました。(もちろん、ご紹介漏れしている館もあると思いますが、主要な美術館としてよくメディアなどでご紹介される美術館は結構網羅できたのではないかと自負しています)

 この1年弱で毎日1館ずつ、300館近い美術館、博物館などをご紹介してきました。
 私のブログでは、「WordPress」と呼ばれるサイトの作成やブログの作成などができるCMS(プログラミング言語で作られているコンテンツ管理システム)の1つを使っていつも記事を作成・投稿しているのですが、それらに含まれる便利機能を使うと普段見慣れた美術館のHPや美術・アートそのものがまた違った見え方がするのが面白いところです。
(例えば、右側に人気記事のランキングを載せていますが、私は基本的に情報をあえて各美術館のHPをベースに記事投稿していますので、そのランキングを見ればどの美術館が一般的に興味が持たれているのかというのが分かるわけです)

 それでは早速、こちらは以前ご紹介したサントリー美術館森美術館21_21 DESIGN SIGHTなどと同様、東京の一大アートスポット六本木に位置する国立美術館です。

このブログで紹介する美術館

国立新美術館

・開館:2007年
・美術館内・外観(以下画像は美術館HP、独立行政法人国立美術館、都、観光協会HPより転載) 
   
→建築家:黒川紀章さんによって「森の中の美術館」をコンセプトに設計された建物。南側は、波のようにうねるガラスカーテンウォールが美しい曲線を描き、円錐形の正面入口とともに個性的な外観を創り出しています。吹き抜けの1階ロビーからは、このガラス越しに、青山公園など地域の緑にとけこむように植栽された草木の四季折々の眺めを楽しむことができます。

・場所:国立新美術館 – Google マップ

国立美術館に属する5番目の施設として開館、国内最大級の展示スペース(14,000m2)と多彩な展覧会を開催するアートセンター

コメント