JR東京駅徒歩5分、丸の内に開館。19世紀後半から20世紀前半の近代美術をメインとした企画展で有名 東京:三菱一号館美術館

東京都

 こんにちは。今日ご紹介する美術館、昨日の静嘉堂文庫美術館に続いて三菱に所縁の深い美術館です(「三菱1号館」と称し、グループの一角、大手不動産会社の三菱地所が運営しています)。

 元々「三菱一号館」は、1894(明治27)年、開国間もない日本政府が招聘した英国人建築家ジョサイア・コ21 ンドルによって設計された洋風事務所建築です。老朽化のために1968(昭和43)年に解体されましたが、なんとコンドルの原設計に則って、階段部の手すりの石材や保存されていた部材を一部建物内部に再利用するなど、製造方法や建築技術まで忠実に再現し従来と同じ地に建造されました。

 そんな東京駅から僅か5分というさすが三菱地所所有の超絶好立地の美術館、早速ご紹介していきましょう。

このブログで紹介する美術館

三菱一号館美術館

・開館:2010年 ・美術館外観(以下画像は美術館HP、都、観光協会HPより転載)

・場所:三菱一号館美術館 – Google マップ

JR東京駅徒歩5分、丸の内に開館。19世紀後半から20世紀前半の近代美術をメインとした企画展で有名

コメント