彫刻家のアトリエ兼住居を公開、卓抜な彫塑技術と忠実な自然観察による写実描写 東京: 台東区立朝倉彫塑館

東京都

 こんにちは、マウスです。
 本日は台東区谷中…日暮里駅から徒歩5分の位置にある彫刻家の功績をご紹介する美術館です。

 私事で恐縮ですが、この谷中という場所、非常に縁が深い場所でして、大学の卒業展覧会は先日述べた通り東京:赤坂の「21_21 DESIGN SIGHT」の施工も手掛けた「HIGURE17-15cas」というコンテンポラリーアートスタジオで開催しましたが、このHIGURE17-15casがあるのも日暮里(谷中)です。HIGURE17-15cas…その名の通り日本語で表記すると「HIGURE=日暮れ=日暮里」「17-15=住所の番地」「cas=コンテンポラリー・アート・スタジオ」から各々とったものです。

 また、それだけでなく、この谷中、私の家族(というか妻)が学生時代に住んでいた場所です。そのため何度も谷中銀座を通り送り迎えをした思い出がよみがえってきました。当時、地方から上京した私は、「なんだかこのあたりは東京でも下町風情の残っており、何だかほっこりして街歩きが楽しいな」と思った記憶があります。

 当時はそんな趣ある街にたたずむ彫刻専門の美術館、どんな美術館なのか、早速みていきましょう。

このブログで紹介する美術館

台東区立朝倉彫塑館

・開館:1967年 ※建物自体の竣工は1935年です
・美術館外観(以下画像は美術館HP、都、観光協会HPより転載)

・場所:朝倉彫塑館 – Google マップ

彫刻家のアトリエ兼住居を公開、卓抜な彫塑技術と忠実な自然観察による写実描写

コメント