現代陶芸を中心に優れた造形作品を展示、戦争の中で見つけた「生」との出会い 東京:菊池寛実記念 智美術館

東京都

こんにちは。今日ご紹介する美術館、東京は虎ノ門にある美術館です。
こんなところに美術館が?と思われる方も多いかもしれませんが、閑静な高台に炭鉱経営者であった父:菊池寛実の三女で自身も京葉ガス会長などを務めた菊池智氏(1923年 – 2016年)の現代陶芸コレクションを一般公開することを目的に建てられた美術館があります。

 父と自身の名をとって「菊池寛実記念 智美術館(きくちかんじつきねん ともびじゅつかん)」と言います。 2人の名前が入っているので多少読みづらいですが、何も知らない人は「菊池寛…」と見た時点で、民藝運動を思いだしてしまいそうになります。(実際に私もそうでした…)

 そんな寛は寛でも現代陶芸(皆さんご存知ですか?)を中心とした美術館、早速ご紹介していきましょう。

このブログで紹介する美術館

菊池寛実記念 智美術館

・開館:2003年
・美術館外観(以下画像は美術館HP、都、観光協会HPより転載)

・場所:菊池寛実記念 智美術館 – Google マップ

現代陶芸を中心に優れた造形作品を展示、戦争の中で見つけた「生」との出会い

コメント