企画・展示主体の美術館—19~20世紀の西洋絵画展、海外美術館の名品展、女性芸術家の作品展、写真展など 東京:Bunkamura ザ・ミュージアム

東京都
2027年度中まで休館中

こんにちは。今日は先日の松濤美術館と目と鼻の先にある大型の複合文化施設の中にある美術館です。松濤美術館からほんの僅かな距離なのですが、街の喧噪がずいぶんと違うのを覚えています。

 こちらは、コンサートホール(音楽)、劇場(演劇)、美術館(美術)、映画館(映像)の各施設やカフェ、アート関連ショップなどからなるクリエイティブな空間で、若者たちで賑わう年間300万人の来訪者を集める渋谷の人気スポットです。

 残念ながらオーチャードホールを除き2027年頃まで休館中なのですが、(覚えていれば)またその頃に情報更新したいと思います。これまでの美術館の取組みを少し振り返っておきましょう。

このブログで紹介する美術館

Bunkamura ザ・ミュージアム

・開館:1989年
・美術館外観(以下画像は美術館HP、都、観光協会HPより転載)

・場所:bunkamura ザ・ミュージアム – Google マップ

企画・展示主体の美術館—19~20世紀の西洋絵画展、海外美術館の名品展、女性芸術家の作品展、写真展など

コメント