「美術の殿様」が設立、大名家代々の名宝を収蔵・展示・研究 東京:永青文庫

東京都

こんにちは。今日ご紹介する美術館は23年2月にご紹介した熊本県立美術館の姉妹館です。
(正確には代々熊本を務めた藩主の名品を収蔵・展示・研究する施設で、熊本県にとっては切っても切り離せない存在です)

 現在47都道府県の最後として東京に美術館をご紹介していますが、藩主・大名家の名宝が明治以降も散在せずにこうやって一堂に目にすることができる県は熊本だけかもしれません。それほどこの美術館を建てた当代の文化財に対する想いや見識が高かったということがこれだけでも垣間見れます。

 そんな熊本県のある意味で東京の本丸ともいえるアート施設、早速みていきましょう。

このブログで紹介する美術館

永青文庫

・開館:1972年
・美術館外観(以下画像は美術館HP、都、観光協会HPより転載)

・場所 永青文庫 – Google マップ

「美術の殿様」が設立、大名家代々の名宝を収蔵・展示・研究

コメント