「恵比寿映像祭」を毎冬開催、写真・映像の黎明期からコレクション数は約4万点、「写真・映像とは何か」を追求し続ける専門館 東京都写真美術館

東京都

こんにちは。今日は写真専門の美術館です。
 これまでのブログでご紹介してきた写真関連の美術館…鳥取:植田正治写真美術館、静岡:クレマチスの丘(IZU PHOTO MUSEUM)、山形:土門拳記念館などがありました。

 IZU PHOTO MUSEUMは「19世紀以降変容してきた写真・映像」を中心に展示されていますが、他の館は写真家1人の業績や作品をご紹介する美術館が多いようです。

 そんな中、今日ご紹介の美術館は公立(都立)でありながら、(恐らく)日本で唯一の写真専門の美術館として写真・映像の黎明期から現代に至るまで約4万点近いコレクションを有しており、体系的に写真の歴史が学べるのは日本で唯一ここだけと言っても過言ではないかもしれません。

 東京は各芸術表現の分野における親玉的存在がいくつもあると前に記載しましたが、まさに写真の美術館の親玉と言ったらここだといえると思います。早速みていきましょう。

このブログで紹介する美術館

東京都写真美術館

・開館:1995年
・美術館外観(以下画像は美術館HP、都、観光協会HPより転載)

・場所:東京都写真美術館 – Google マップ

「恵比寿映像祭」を毎冬開催、写真・映像の黎明期からコレクション数は約4万点、「写真・映像とは何か」を追求し続ける専門館

コメント